スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローザンヌの街

3月6日にスキー旅行へ行っていた息子を迎えにローザンヌへ戻った。

前回、リンクしているブログの岩下さんに楽しんでいただいたようなので、もう少し写真を貼付けることにした。元気出して下さいね、岩下さん。岩下さんのブログは一本気で好きですよ。オノマさんパリさん岩下さんのような年配の方にも一本気な方がおられるのを知るだけでも勇気づけられますね。

一昨日、こちらの研究者、留学生仲間が送別会を開いてくれた。なんと、私はほにゃらら王国へ長期の旅に出ることになったのです。あ~気が重い(笑)。前回の記事で、あるお医者さんからスウェーデンの医師になるには?というご質問をいただいたのですが、この4年間、5件くらいブログを通じた問い合わせがありました。この4年間、日本をながめてきましたが、一向に社会情勢は改善せず、それどころか、現在、戦後最悪の状態に陥り、それなのに、あ~それなのに。。。。状態。これじゃ、意味不明ですね。まぁ、お察し下さい。

現在のような事をやっている国の将来が明るいはずがないじゃないですか。まさに、中世暗黒時代とおんなじ。国の活力は失われて行くばかりでしょう。海外で自活の道を探るのも悪くないと思いますね。送別会でも、母国は非常にまずい、危ない、っていう共通認識でした。原発事故前は日本の危うさ、まやかしに気づいている人は少なかったんですけどね。海外におれば、他国と比較できるので、怪しさがよく見えるもんです。特にスウェーデンのような民主主義がしっかりしている国におれば、なおさらです。

さて、ローザンヌの街をちょろっとご案内しましょう。

ホテルから歴史保存地区へ地下鉄でいき、降りると目の前に立派な建物がでてきた。図書館らしい。そのミギに高い塔が見える。あれがローザンヌ教会。
ローザンヌ図書館

日曜日のアンティーク市場をやっていた。古い蓄音機、カメラ、がらくたと紙一重の品々が並べられており、ながめるだけでも楽しい。

高い所の景色が好きなので教会へ向かった。この屋根付き階段を昇ると教会へつく。
教会へ

ローザンヌ教会
ローザンヌ教会

聖堂
聖堂

ステンドグラス
ステンドグラス

塔に登ってみた。そんなに高くない。レマン湖側。この日は曇ってて良く見えない。
レマン湖

山側に近代的な建物が林立している。
ローザンヌ山側の街

教会の裏手にクラシックな建物が見えたので行ってみることにした。
学校

お城のような建物だが、現在は何かの事務所らしい。
お城

教会から街の広場へ木造の屋根で覆われた階段を降りて行くのだ。
教会から広場へ

広場へ
ローザンヌ広場

広場の中心に近代的な女神像があった。その背後には仕掛け時計があり、時報が鳴ると人形が出てくる。
女神像

広場にはたくさんのお土産やさんがあるのだが、日曜日は見事に全てお休み。ちょっと残念だった。
女神像ズーム

翌日、息子を迎えに行った。2週間の寄宿生活で嫌がらせに遭いながらも、たくさん良い思い出もできたようで、はつらつと帰ってきた。なかなか楽天的でタフなやつだ。よしよし。

コメントの投稿

非公開コメント

ドキッ!

オノマさん、パリさん、岩下さん と並べらて ドキッ。 

あの二人に比べたらオノマはずっと穏健でしょう(笑)。

Re: ドキッ!

> オノマさん、パリさん、岩下さん と並べらて ドキッ。 
>
> あの二人に比べたらオノマはずっと穏健でしょう(笑)。

皆さん、粋ですね(笑)。日本では絶滅危惧種かもしれません。

No title

送別会ですか。あっという間にもうそういう時期になりましたね。こちらでは歓迎会の用意をしていますよ。

Re: No title

> 送別会ですか。あっという間にもうそういう時期になりましたね。こちらでは歓迎会の用意をしていますよ。

この4年間、なにも良くなる気配はなかったですね。政権交替しても、劣化していたのは元野党も同じことだったようで。被害のなかった所は何も変わりのないようでいて、それは砂上の楼閣。シロアリに食いあらされた同じ土台に乗っかっている、そういう不気味な土地に戻る気分です。めでたさも中くらいなりおらが夏。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ん~、写真が見れない、ですか?わかりません。別なwindowsで開けても見れていますが。。。なぜでしょう。
プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。