スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い教育環境

なぜスウェーデンに?の続き。最終話。

4. 良い教育環境。

労働環境の良さに魅了されたのはもちろんですが、家族の生活が犠牲になっては滞在することはかないません。なかでも、子供の教育は大きな問題です。教育には学校教育と家庭教育そして社会環境が強くかかわると思います。それらを総合的に考えたとき、私にとってはスウェーデンで育てた方がよいのではないかと思えました。

私は息子が通っている小学校の授業と学校生活に大きな不満を抱かず、満足しています。私達は日本の小学校と直接比較できません。ここでは、私達がRödabergskolan赤い丘の学校で経験してきた良かったこと、気に入っていることをご紹介したいと思います。

愛しのティーチャーブリッド
まず、小学校一年生に編入した時。しょっぱなからやられました。日本人両親のコミュニティーでは"伝説のティーチャーブリッド"と呼んでいる、素晴らしい先生に出会いました。2007年5月、英語もさほど出来ぬ両親と子供がどぎまぎして、緊張して登校した初日。初老のブリッド先生は教室の前で待っていてくれ、見たことも無い私達を見つけるやいなや暖かく出迎えてくれ、息子を抱擁し、手をたずさえて、息子の名前のついた荷物置き場へ案内してくれました。こうして、緊張をすぐに解いてくれ、暖かく小学校へとけ込ませてくれました。小学一年生の親は親の初心者です。このベテラン教師はそれをお見通しのように親子丸ごとすっぽりと暖かな愛情で包んでくれました。

ブリッド先生は一年生をおわっても、ずーっと子供にも両親にもいつもにこやかに声をかけてくれ、温かい言葉をかけて安心させてくれます。スウェーデンは小中学校が一つの学校です。この学校では、子供同士のケンカがあるとブリッド先生がしばしば登場します。中学生になり図体がでかくなってもブリッド先生にはかないません。そりゃそうですよね。小学校一年のはなたれ小僧からずっと成長を見守ってくれたおばあちゃんのような先生の言うことに逆らえるはずがありません。

豊富な体験学習
小学校2年生から授業内容も少しづつ、しつけも少しづつ厳しくなります。とはいっても日本の教科書、授業内容と比べると量は少ないかもしれません。でも、しょっちゅう体験学習があります。毎月のように美術館だ、博物館だ、公園でランニングだ、生物学習だ、キャンプだ、バレエくるみ割り人形だと出かけて行きます。

あんたたち、いったいいつ勉強してるの?って、ときには苦笑するほどです。

ストックホルムで昼にバスにのっていると、よく学校の先生に引率された子ども達が小遠足あるいは体験学習へ行く光景を見かけます。私はこのプログラムをとても気に入っています。出かける子ども達はいつも楽しそう。細かいことは覚えてこないけど、大人になった時に、興味を持った時に体験の引き出しを開けてくれれば良いと思います。小学校では生きる喜び、楽しさ、ものごとに興味を持てる感受性と疑問にとりくむ力を養ってくれればそれで良いと思います。

子供に考えさせる面談
学校では年に2回、親子と先生の面談があります。ここでは息子に足りないことや問題点を息子に直接はなし、相談し、半年計画の目標を立てます。どの先生にも共通していたことですが、決して頭ごなしに非難したりせず、子供を対等な関係として話し合います。そして、自分でどのように解決したら良いか導かせるのです。私の経験では子供の頃は先生と親から上意下達で、従うべしという感覚だったのですが、当地では相談しながら自分で考えさせます。そんなに多くのことを求められるのではありませんが、この面談では親と先生、子供の間柄は同じ高さで、一緒に問題を解決して行こうという意志が息子に伝わるように感じます。そして、子ども達に問題解決へ向かう思考能力を授けるように思います。スウェーデンの子ども達は自分の意見を小学生高学年ともなればしっかり主張し、臆すること無く質問ができます。大人と意見交換をし合える空気が醸成されていると感じます。このような教育方針の効果が多分にあるのではないでしょうか。

語学教育
息子の小学校は幸い、ストックホルムにある公立校で英語クラスのある学校です。ですから、普段は英語で学んでいます。そして、現在、スウェーデン語学習もけっこう進んできました。日本人学校にも通ってますから、なんとか3カ国後を学んでいます。これは今後の糧になると思います。日本でも英語教育は盛んですが、普段から使う必要の無いところでは、なかなか続けられるものではありません。さらに中学から第二外国語が始まります。高校では望めばイタリア語、フランス語、ドイツ語、中国語、日本語など6から8カ国後のうち一つを選択できます。北欧の小国が世界と渡り合うためには語学力が欠かせません。北欧5カ国全てが外国語教育に熱心です。

この他、スウェーデンでは母国語教育に対し、国から補助がでます。スウェーデンに移住してきた各国の子ども達に対し、通常の授業とは別に母国語教育のために教師を派遣し、その費用に対し補助がでます。スウェーデンに移住したのだから、スウェーデン語のみ出来れば良いと言う考えではなく、母国を離れているにもかかわらず、母国語を失わせないように援助します。私の息子が日本語学習をさせたいと願えば、学校の放課後に日本語の先生をお願いすることができる訳です。スウェーデン語と母国語を維持した移民の子供達が将来、スウェーデンの交易を支え、スウェーデンに貢献してくれるのじゃないでしょうか。

自由と平等、平和を尊ぶ国際感覚を育てる教育
しかし、語学だけできても国際的な人間に育つとは私は思いません。外国語は意思疎通のツールにすぎません。私がこの学校で、最も感心することは異文化を尊重する教育、平和の大切さを教える教育、個性の違いを尊ぶ教育です。小学校の一年生のうちから、宗教の授業、各国のお国柄を知る授業、反戦、平和教育があります。学校には世界80カ国弱からの生徒が通っているそうです。彼らはキリスト教、イスラム教、ヒンズー教、ユダヤ教、仏教etcなどがあり、それぞれの食文化、宗教文化の違いがあり、違いを尊重するよう習います。宗教にかんする対立と偏見はお互いを知らぬことから生まれる訳ですが、お互いを知り、違いを尊重する教育が初期から始まります。

異文化教育も盛んです。授業で各国のお国自慢、紹介はよくあり、一年に一度は国際デーと称し、お祭りがあります。このように各国の人とふれあい、話せば、親しみが芽生えるのは当然だし、国の垣根が低くなります。

反戦、平和の価値をことあるごとに学びます。スウェーデンは約200年戦争をしていないことが誇りです。日頃からスウェーデン人はしばしば戦争をし続けている国に対して強い批判を展開します。それに対し、戦後60年、戦争をしていない日本に対して、多くの日本人が意識していないにもかかわらず、高く評価をする人もいます。学校で、声高に常に反戦、平和と習う訳ではありません。でも、よく演奏される音楽はスウェーデンの代表的な反戦歌" Jag hade en gång en båt" だったりジョンレノンの" Imagine"なわけです。

スウェーデンの寛容で開かれた社会、人々は平等であり、異文化を尊重する社会、平和な社会を築くための教育は、このように幼少の時から始まる訳です。これがこの学校で学ばせて一番よかったことだと思います。息子はどこへいっても誇れる大事な価値観を学んでいると思います。

つづきます。
スポンサーサイト

労働者(医師、医療従事者etc)の一生を考えた労働環境

なぜスウェーデンに?のつづき。

良い労働環境についてご紹介したついでに、若い世代や子育て世代の労働環境がとうなっているかもご紹介しましょう。ここでは主に医師のケースをご紹介します。


日本の硬直的な労働環境はことさら、子育て世代と重なる若い医者には残酷なシステムだと思います。日本では医者になってから10年間位の間は競争のようなもので、みんなほぼ同じ程度に育って行かなくてはならない社会風土です。30歳を超えるまで、まず子どもなど邪魔でしかないし、女医さんにいたっては30前に子どもが来たら、出世や博士など一巻の終わりにすら思えることでしょう。そして、子どもが生まれ、育児期間になったら、まずしわ寄せがいくのは女医。せっかく博士になっても、第一線でやっていても、子育てをしながら一線病院で働き続けるのは相当困難でしょう。子どもが生まれれば発熱、病気などで呼び出されることはしょっちゅう。少なくとも小学生高学年になるまでには学校から早く帰ってきてしまう。当然ながら、出産前と同様の労働形態を維持できることは不可能です。子育ての負担を勤務先が容認してくれればラッキーですが、そうでなければ一線をしりぞく、あるいは主婦に専念という方も多いでしょう。

スウェーデンでは子育て世代と重なる研修医や中堅がどのような研修生活を行っているのでしょう?スウェーデンの30代、40代では女医さんが半数近くを占めます。彼女達抜きではスウェーデン医療は成り立ちません。世界中で過酷な科とされる外科ですら女医率が40%を超えています。卒後2年から4年の初期研修生活中に産休、育休を当然のように取り、それの休暇期間に応じて、初期研修期間が柔軟に延長されます。子どもの不意な発熱や病気で早退する権利は国民に広く認められた権利ですから、職場で嫌な顔をされずに休めます。初期研修が子育てで延長されてしまいますが、誰も焦ること無く研修をこなしていきます。周囲もその遅れを、当然のこととして容認します。

中堅医になり、博士課程に入ってからも同様です。スウェーデンでは高齢初産が珍しくありません。ちょうど博士課程に入ってから妊娠、出産もよくあることです。カロリンスカ大学では4本の論文出版が博士の条件です。日本の感覚で4年の間に必ず、4本としばられれば、彼女達が博士号を取得することは不可能です。博士課程中も出産育児期間に併せて延長されます。こうして、出産回数にもよりますが、6年から8年かけて博士を取得するという方もおられました。

さらに、彼女達を支える夫達の育休もご紹介する必要があります。産休は夫が代われることではありませんが、育休は夫にもできることです。そこで、妊娠、出産に当たり、夫婦で将来計画を練ります。妻が研修期間の進行具合、あるいは博士課程の進行具合に応じて、夫に育休を頼むこともよくあることです。私が赴任していらい3人の同僚が妊娠、出産をし、いずれも育休を夫にまかせ、職場復帰されました。夫は6ヶ月から1年半の育児休暇を取得し、存分に育児と格闘?あるいは楽しむ訳です。こうして、街中のカフェには育休のお父さん達が昼間からベビーカーを揺らしながらビールを飲み時間をつぶす光景が日常としてあるわけです。

このように、育児期間をサポートする社会制度と社会合意があり、スウェーデン女医さん達は一線に踏みとどまれる訳です。いわゆる生殖年齢期間は医師の叩き上げの期間と重なり、「鉄は熱いうちに打て」と考える日本人の感覚としては個々人の技術習得という点では欠点もあるように感じます。

しかし、トータルな医療システムを考えた場合、「長期熟成型」ともいうべきワークライフバランスを考えたスウェーデンスタイルは日本よりも安定したシステムを提供していると思います。子育てに手がかかるのはせいぜい45歳くらいまでですから、残りの20年をしっかり働いてもらえる人材が得られると考えれば、育児、子育て期間をしっかりサポートして残ってもらった方が得にすら思えます。

よい労働環境

今日は子どもの誕生パーティー。10-11歳の子ども達が12人も来てくれた。しかし、ものすごーいパワーに圧倒され、予定していたゲームはすっとんでしまった。大人と違って、子ども達ってただワイワイ騒いでいるだけでも何だか楽しそう。ご飯以外はほっておくことにした。あっという間の2時間がわけわからず過ぎていった。子ども達の帰った後は抜け殻になった私達。しばらく眠りこけてしまいました。子ども達のパワーってすごい!

さて、なぜスウェーデンに?のつづき。

3. 良い労働環境。
なんといっても労働環境が良いのです。先の医療訴訟対策、コストを現場の医師が始終考えなくとも良いことも、良い労働環境の一部です。それに加えて、種々の点で、医療従事者が長く勤め上げられる仕組みが整っています。それぞれの人生は異なって当然で、それに応じた努め方ができるのです。個人の人生設計に応じた柔軟な労働環境が整えられていると思います。

まず、基本的な労働条件はきっかり守られます。8時間労働が基本。当直の翌日は休み、あるいは休みたくなければその休みを年休に付加するか、金銭に換算するか選択できます。土日はきっちり休みます。そして、一般の祝祭日に加え、年間休暇が若い医者で4週間、40歳をこえると6~8週間も取れるのです。さらに驚いたことに、年間休暇をとると給与に休暇手当が加算される!休みをとった方が給料が良いのです。つまり、休暇をきちんと取りなさい!という方針ということです。

驚くことに、このような労働条件は、研究や学会活動をも含むのです。日本では日常診療以外の研究や学会活動というものは多少の補助はでるものの、給与に繁栄されないばかりか、日常診療の後に私的な時間を割いて行っているのがあたりまえです。残業当たり前の日常診療に加え、さらに研究のために無給残業、土日労働が当たり前。つまり、自分の向上のためなのだから、職場が責任を持つ必要はないというのが基本的な管理職あるいは国の有識者の考え方と思います。

一方、スウェーデンでは研究、学会活動も労働時間内に行うのが基本です。例えば一週間のうち3日は診療、2日は研究、学会活動という働き方が出来ます。研究や博士研究でも家庭を守れる仕組みがあるのです。それに加えて、個人的に意欲があって、無給でも自宅でも研究し続ける人はいますが、それは個人の自由裁量とされ、強制されはしません。もちろん、日常診療時間が減ったからといって給料は減りませんよ。研究も職務の一環です。

また、個人の事情に応じた労働条件を選択できます。例えば、私の場合は医師免許に必須な語学学校へ通う時間を得るために2年間50%雇用でした。男女にかかわらず、育児世代には50%, 75%勤務、当直無しというような努め方も許されます。

私にはこのような労働環境が得られる国があるというのは大変なショックでした。訴訟も金勘定もさほど気にせず、時間外労働は無いのが当たり前で、年間休暇が6週間!おまけに、語学学校へただで行かせてくれるは、論文書くために日常診療時間を組み替えてくれるは、驚きの連続でした。正式なスウェーデンの医師でなかった招待免許で診療中は研修医給与の50%勤務でしたから、年収200万円弱でした。それでも、帰る気など毛頭起きませんでしたね。義父にはよく「そんな給料で働くなんて馬鹿だ。早く帰れ」なんて怒られましたが(笑)。むしろ、このような労働環境を組めるシステムはどのように構築されているのか、に大変興味がわきました。


先週、Dr EdgarとEdward主催の大腸内視鏡セミナーがストックホルムで開かれました。Dr EdwardはDandryud病院の外科部長で消化器外科が専門。この度、Karolinska Huddinge病院、外科の準教授に栄転されます。彼は11年前に南アフリカから移住してきました。先週の会の打ち上げで、なんでスウェーデンに移住したのか尋ねました。

" It is same as you." 一年のつもりで留学に来たところ、あまりの労働環境の良さに移住を決意したのだそうです。当時の南アフリカは現在の日本の労働環境と非常に良く似ていると思いました。時間外は当たり前。主治医制で年がら年中がんじがらめだったそうです。

このような医師はKarolinska病院の私の周囲にはたくさんおられます。ドイツ人、イタリア人、ギリシャ人、ポーランド人、ハンガリー人に加え、アメリカ人だっています。どなたも優秀な医師ばかり。母国で過酷な労働環境に辟易した医師達が、給料よりも良い労働環境を求めて北欧に渡ります。日本にとっても他山の石では決して無いでしょう。若い世代は想像以上に言葉の壁を越えつつあります。アメリカで研修医を始める日本人医師が珍しくなくなりました。急増しています。

日本は労働環境を改善に動くでしょうか?少なくとも4年間、進歩は無かった。

日本有識者の思考パターンでは、むしろ、なにがしかの罰則規定をもうけて海外に渡れなくするかを考えるのだろうな、と私は邪推してます。なんせ、問題の根本を解決しようとせず、地方への強制配置を主張する日本のメディアや厚生省の一部の方がおられるのですから。。。
サンタ





どうしてスウェーデンに?

はじめまして。そして「カーリング漬け」からご愛読いただいている皆様には今後ともよろしくお願いします。スウェーデンの古典小説から名前を戴きました。ドクトル硝子でよろしくお願いします。2007年からひょんなことでスウェーデンに渡り、日本社会との大きな違いにショックを受け、移り住んでしまおうと決意。ようやく、なんとか居着ける足がかりができたところです。

さて、なにがそんなにスウェーデンが私にとって魅力的だったのでしょう?

1. 医療訴訟、医療事故に対して国が対応する。
 現在の日本の医療界は如何に医療訴訟を避け、訴えられぬようにするかとの戦いでもあります。当地は医療をやる上で、そのストレスがたいへん少なく、安心して患者さんにベストと思える治療を行えます。そして、人間として自然な慰め、励ましの言葉を患者さんにかけられます。日本では下手をすると言葉尻を捉えられ、訴えられる火種になりかねません。「大丈夫ですよ、よくなりますよ。」と良くなる見込みの無い患者に安易に気休めや励ましの言葉を吐けなくなった日本の社会。私はそんなところで働くのが辛かった。

2. 医は算術からの脱出
 私はスウェーデンに渡る前はそれなりのポジションで働いていました。日本社会の医者としては、まあ、これ以上の出世は無いかな、という地位でした。医局に従い、働いている人間にとって、たいていは本人にはそんな自覚は毛頭なく、医局人事で年功序列でこうなった、程度の認識くらいしかない物です。しかし、第三者的には一丁上がり、と言えるところで働いていたと言えるでしょう。

日本社会の医療を見る目というのは未だに"医は仁術”を期待し、ひどい時には過剰期待し暴力的にすらなりますが、実際の現場では"医は算術”を強いられる毎日です。仁術と算術の狭間、このパラドックスで悶々となっているのが多くの日本人医師の現状では無いでしょうか?
原価から換算していない、かなりいい加減かつ国の妙な政策誘導思惑のはいった激安診療報酬を元に、いかに黒字をあげることを考えるか。それを2年に1度の診療報酬改定の度に利益をいかにニッチな方法を見つけ上げるか、きゅうきゅうと悩むのが部長職以上の管理職の仕事。

みなさんは、ものを売って、サービスを提供すれば報酬を頂けるのが正しいと思うでしょう?しかし、日本の医療界はそうではありません。正当な代価が制定されていないのです。低く設定された診療報酬の範囲で相当に要求度の高い日本人の需要をどう満たすか?まともにいけば、そんな需要を満たせるはずがありません。そこには医者、看護師、医療従事者の過剰労働と無償の奉仕があったのです。そんな制度が安定して永久に続くはずがありません。例えて言えば、常に大企業に不当に買いたたかれる下請け中小企業の様子によく似ているのが現在の日本の医療界の現状だと思います。

たいていは適当に達観して現実に折り合いを付けて生きて行くものですが、私にはそれができなかった。私が未熟なのか世の中がおかしいのか、果てさて。。。

スウェーデンでは一介のタダの医者になったこともありますが、そのような仁術と算術のパラドックスに悩むことも無く、ただ、自分に出来る最高の医療だけを考えればいいのは最高に心が楽です。そう出来る労働環境の仕組みがスウェーデンにはあります。
 
だからといって、スウェーデンでは無制限に医者のやりたいように出来る、患者の欲しいがままに出来る、ということではありません。診療報酬は原価に基づく積み上げ式で、エビデンスに基づいた治療に関してはきちんと報酬が頂けるということです。つまり、一般に普及していない治療、過剰な要求はきっかり制限があります。そこのけじめをどうするのか、という仕組みがあるということです。

つい、長くなりました。続きます。

今日のスウェーデン。さぶいよ~~~~。
今日のSlussen さぶいよ~~。
マイナス10度から20度が続きます。過去40年で最も冷え込んだ11月でした。
プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。