スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほにゃらら王国語

ほにゃらら王国の滞在は疲れます。

昨日、この国の総理大臣が施政方針演説を行いました。この日はいつになく元気に、果敢に社会保障のための増税、国民のためのTPP(平成の開国)、不条理を正す政治を行うと述べられておりました。そして、熟議の国会をと叫んでおられました。まことに結構な内容でした。

しかし、これまで、消費税増税は法人税減税の穴埋めに消え、医療社会保障費は大幅削減されてきた過去をお忘れのようです。すでに更なる法人税減税を行うことについてはあまり知られたくないようでした。

すでにこの国は鎖国を200年以上も前にやめ、十分に無防備に自由貿易を行っているように思えますが、さらに、実質アメリカとの2国間協定のようなTPPなるものを突然さけびだし、無防備にも農業にとどまらず、医療や単純労働者もふくむこのほにゃらら王国の国民を守ってきた財産とインフラをアメリカやその他の国に謙譲したいようです。なんとも気前の良い国際貢献です。同僚議員たちの反対意見、国民の反対意見や懸念など、まったくお耳に入らないようです。

不条理を正す政治を行いたいようですが、この総理の党は「国民の生活第一」「政治主導」をかかげ、わずか2年半前に政権を勝ち取ったのでした。そのときに掲げた多くの公約を反故にし、南の土地を外国の軍事基地に貸し続けけることを決め、ついには「国民の生活第一」の旗も降ろしてしまいました。この国民、支持者への不条理はどうしてくれるのでしょう?この不条理を正すには即刻おやめになっていただくしかないのですが、お気づきにならないようです。

この国の総理は熟議と議論という言葉を好みます。ところが、ご自身の演説前の自党の総会で、多くの党員からの反論と怒りの声にはまともにこたえることはありませんでした。はぐらかしと無視を決め込みます。さらに、熟議ができぬように、かならず、議員総会を避けられぬ国儀の前にねじ込み、議論の時間制限を強制します。いったい、総理は熟議の意味をどう考えられているのでしょうか?

ほにゃらら王国の滞在はつかれます。政治家と新聞の使う言葉の意味が普通とは「反対」なんです。

きっと、企業、官僚、総理のための増税、平成の売国、不条理を行う政治と読むのが正しいのだと思います。

総理の手下のオカジョンイルという人が言うにはこの党の挙党一致という意味は「総理の示す方針を全員が支えること」なのだそうです。国民にしめした過去の公約を反故にした総理でも支えるのが挙党一致ということなのです。大新聞、テレビ番組もそんな総理を絶賛中です。どうやら、ほにゃらら王国は民主主義国家ではないようです。

どうやら熟議という言葉の意味は独裁におきかえればよいようです。

この国に滞在するのは疲れます。

私はもっとほにゃらら王国語を勉強しなくてはならないのでしょうが、もううんざりです。
スポンサーサイト
プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。