スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒澤明の夢が正夢になろうとは。。。

震災から原発事故の顛末を見るにつけ、祖国指導者層の腐り具合、壊れ具合を見せつけられ、深く鬱々とした気分になっています。祖国がこれほどまでにダメになっているという現実を受容しなければならないのはつくづくつらい事です。

ブログを書く気がおきないでいたところに、ブログ「木霊の宿る町」に紹介されていた映画に驚きました。それで私の気持ちを代弁させます。

黒澤明監督の「夢」という映画が1990年、21年前に公開されました。黒沢明が見た8つの夢を映画化したものです。その当時、私が見たとしても意味をよく解らなかったものがあったと思います。今なら、どれもこれも大変、よくわかります。日本の病巣をこれほど深くえぐり出し、心配していたのだと思いました。

その中から、原発事故の顛末を予言した「赤富士」を貼付けます。被災地のまっただ中におられる方には視聴をお勧めしません。原発事故が現実となった中、あまりに刺激が強過ぎます。むしろ、被災地から離れた人々に見ていただきたいと願います。他人事にしてはいけないのです。私の気持ちは劇中のお母さんの気持ちと同じです。

前後に数秒、原作に無関係のアニメがありますが、飛ばして下さい。


警告を意図した映画とは異なり、現在進行形のフクシマは子ども達を、人々を救い出すことができます。政府、権力筋、地方自治体、教育機関は思い改めて住民を避難、地域除染を行ない、厳格に食品の安全を守って欲しいと思います。そのまま被爆させっ放しは人道に反する大犯罪だと思います。

これで、もし、被爆者に癌その他の疾患が多発する数年後に国民偕保険が大きく毀損されていたとしたら、それこそ悪夢です。このままの政府方針だと社会福祉抑制、医療自由化、混合診療解禁にも邁進してくるでしょうから、その点でも非常に心配です。
スポンサーサイト
プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。