スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

God Jul och God nytt år メリークリスマスそして良いお年を

小学4年生の息子は昨年より、小学生から高校生まで対象のカルチャースコーラン(文化教室)でバイオリンを習っています。週2回で年間23000円ほどの学費。バイオリンはレンタル料が年間9000円ほど。週一回は20分の個人レッスン。もう一回はなんとオーケストラで1時間のレッスン。安いでしょ?昔は無料だったようです。文化も嗜み、教育のうちという国の哲学を感じます。

半年前から、なぜか一段階上のオーケストラに入れられてしまった息子。このオーケストラは市内の小教室で学ぶ子達が集まってきます。つまり、普段は全然交流がない子ども達です。年代も小学生から高校生まで。息子のような初心者にちょっと毛が生えたようなレベルから中級者までごちゃ混ぜです。

メンバーはバイオリン、ベース、ビオラ、トランペット、フルート、ピアノと楽器も多彩。こんなんどうやってまとめるんじゃ!って言うくらいてんでんばらばらのメンバー達。

初めはそれこそ、全然音も揃わないし、へんな音だらけで、聞いてて笑っちゃうくらいのひどさでした。ところが、先生方の忍耐力はすばらしく、少しでも出来ると、「Braブラー。いいね」。もうちょっとよいと「Mycket braとってもいいね!」。とりあえず、一通りなんとか音が出ると「Kanonカノーン。すっごくいいね!」とほめあげます。

なにがカノーンだ。まだまだ全然いい音出てないじゃん、と内心親の方が恥ずかしくなるほどほめあげます。うちの息子もさることながら、他の子もたいして練習していないようで、毎週、毎週、ほとんど進歩が無いように思えました。それでも、「いいね」「とてもいいね」「すっごくいいね」の連発。けっして、よく練習してくるようにとか、個人を捕まえて、細かい点をくどくどと指導したりはしないのです。あくまで、全体のハーモニーの指導だけ。音が揃わなくたって、違ったって、気にせず繰り返し、繰り返し辛抱強く演奏させます。もちろん、オーケストラの全体の音についていけない子もいるのですが、面前で注意することもありません。ちょっと辛そうだと、側に来て一緒に弾いてあげる程度です。

ぬるい指導のためか、なかなか上達してこないように思えました。ところが、クリスマス発表会もあと一ヶ月半に迫った頃から、急に音がまとまり出し始めました。それまで、苦笑の連続だったのですが、音楽になってきました。そして、あと、ひと月。残り4回の練習で、みるみる上達し、トンチンカンな音を出していたトランペットもビオラもバイオリンもぴたっとまとまりました。もちろん、子ども達の音ですから、プロのような音ではありませんが、半年前に集まった時とはまったく別なオーケストラに変化しました。いや、この大変身にはただただ驚きました。まるで先生方に魔法をかけられたかのような上達ぶりです。

ヤコブ先生の太鼓が素敵なMarch ot the Turks by Lully


最後は全体演奏で締めました。スウェーデンの代表的なクリスマスソングをみんなで演奏です。
Nu tändas tusen juleljus 幾千ものクリスマスの光に照らされて


来場した親御さん達、親類縁者、友人みんなで合唱しました。ちょっとジーンと感激してしまいました。

たいした練習もしていかないから、毎週1時間のオーケストラ教室が苦痛になっていた息子も、12月14日、St Göran kylkanセントヨーラン教会で演奏を終えたあとに「とってもよかったよ。頑張ったね」と声をかけると誇らしげにはにかんでいました。一つの事をやり遂げた満足感があったようです。そのうち欲が出てくれば儲け物です。いまは、音楽に友達になってくれればいいや、と思いました。プロにさせたい訳でもないし、細く長く嗜んでくれればいいんです。なんだか、スウェーデンの先生のマジックに脱帽しました。スウェーデン流も悪くないですね。

Nu tändas tusen juleljus 幾千ものクリスマスの光に照らされて


音にふりがなをつけました。これでばっちり歌えますね!
Nu tändas tusen juleljus     ヌー テンダス テューセン ユーレリュース
På jordens mörka rund      ポ ヨルデンス メルカ ルンド
Och tusen, tusen stråla ock   オ テューセン テューセン ストローラ オ
På himlens djupblå grund    ポ ヒムレンス デュープブロー グルンデュ

Och över stad och land ikväll  オ エーヴェル スターデュオ ランド イクヴェッル
Går julens glada bud      ゴール ユーレンス グラーダ ブードュ
Att född är Herren Jesus Krist  オ フェッド エー ヘッレン イースス クリーステュ
Vår frälsare och Gud       ボール フレール サレ オ グードュ

Du stjärna över betlehem    デュー シャーナー エーヴェル ベテュレヘム
O, låt ditt milda ljus      オ ロート ディット ミルダー リュース 
Få lysa in med hopp och frid  フォ リーサ インメ ホップ オ フリード
I varje hem och hus       イ バリイェ ヘム オ フース

I varje hjärta armt och mörkt  イ バリエ ヤッタ アルム オ メルク
Sänd du en stråle blid     センドュエン ストローレ ブリード
En stråle av Guds kärleks ljus  エン ストローレ アブ グーズ シャーレーク リュース
I signad juletid         イ シグナード ユーレーティード

もう一つ。ABBAのAgnethaとLindaちゃんが歌うクリスマスソング2曲。スウェーデン語のジングルベルが聞けます。音が楽しいですよ。ストックホルムのクリスマス風景も美しいYou tube。


では皆さま、God Jul och God Nytt År!!

クリスマスバージョンはこれでおしまい。

テーマ : クリスマス
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まずい音が出ているのは、大人以上に敏感な耳を持っている子供は十分承知しているはず。それなのに音を出していること(失敗)を褒めなければ、試行錯誤自体辞めてしまう。

なぜ日本で本当の自発性・自主性が育だちにくいのか、考えさせられますね。

Re: No title

> まずい音が出ているのは、大人以上に敏感な耳を持っている子供は十分承知しているはず。それなのに音を出していること(失敗)を褒めなければ、試行錯誤自体辞めてしまう。
>
> なぜ日本で本当の自発性・自主性が育だちにくいのか、考えさせられますね。

なるほど、なるほど。私はすぐに型にはめたがる傾向がありますね。じっと見守るのも辛抱が要りますね。
プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。