スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷河を横目に跳ねまくり

シャモニーの続き。もう2ヶ月も前の話しですが、ご容赦を。

12月31日に一本だけしか滑れなかったLes Grands Montesレグランモンテススキー場がとても美しかったので、 シャモニー最後のスキーをここで楽しむことにした。

シャモニーのバス停から。正月早々、良く晴れた。なんてついているのだろう。モンブランがよく見えた。
元旦のモンブラン


昨日登れなかった頂上へのロープウェイにのり、展望台に登る。3300m。

頂上のロープウェイ駅と展望台
ロープウェイ駅

展望台よりモンブランとミディ針峰展望台を眺める。ここからのモンブランが一番美しいと思った。
レグランモンテスからのモンブラン

シャモニーの村と向こうにはアルプスを覆う雲海が見えた。
シャモニーの街

そしてアルジェンティーレ氷河。頂上から、この氷河の側のコースにアプローチできるのだ。ただし、最低でも中の上レベルでなくては厳しい難コースだが。
argentiere氷河

この斜面は整備されない急斜面。ここも上級者限定。谷に飛び込むような錯覚に陥る。
急斜面

さあ、氷河コースへ。この向こうに氷河があるのだ。
氷河目前

おっと、いきなりこぶだらけの急斜面。ここが氷河コース入り口。中級者にはかなり厳しいだろうな。ほら、氷河がもう目の前。いざ、氷河へ突っ込めー!。
いざ、氷河へ

こぶを下りるとアルジェンティーレ氷河上流が見えた。
アルジャンティエール氷河2

表が下流には氷河の滝があるのだ。そのすぐ側までアプローチできる。上流ではコースをはずれて氷河上を滑走している人もいたが、クレバスが恐くて、マネはしなかった。アルプスのオフピステは自己責任。落ちたら、どえらい費用がかかるだろう。
氷河を眺めて滑る

氷河の滝へ接近
氷河の滝1

氷河の滝2

波打つ氷河。その巨大さに驚嘆。このクレバスに落ちたら助からないだろうな。
氷河の滝3

荒々しい、氷河の滝。なだらかな部分の氷河は一年で1mほど進むのだが、この地点では一日で90cm進むらしい。
氷河の滝4

レグランモンテスの頂上から滑る氷河コース。こんなに美しく、変化に富むコースを滑った事が無い。スキーができて良かったとこのときほど感じたことはない。美しくも荒々しい氷河見物もさることながら、コース自体も長く、急なこぶ斜面と緩斜面が交互に続き、たいへん滑りごたえがある。一本目は氷河見物しながら滑ったので30分くらいかかったが、2本目はあまり休まずに滑ったにもかかわらず15分かかった。

スキーを教えてくれた父や一緒によく滑った弟とも滑ってみたいものだなあ。それはかなわぬ事なのだけれども。もう、みんな年とったのさ。今度は息子が上級者になったら来よう。

さ、家族と合流してお昼ご飯。息子が妻を気づかいながら中級者コースを滑っていたらしい。妻は完全に息子に抜かれたな。やっぱり子どもはスピードに慣れるのが早い。
お昼ご飯

ご飯を食べてからもう一度、一人だけ頂上へ登った。すると、たまたま山岳ヘリが通り過ぎた。
頂上からヘリ

山頂ロープウェイを降りると、急斜面コースへのアプローチできる難しいオフピステ(コース外斜面)がある。そこにはオフピステは自己責任でとの看板がある。フランスアルプスではオフピステスキーが盛んだが、事故も自己責任。万一、ガイドと保険無しで事故にあったら、大変な費用を覚悟せねばならない。
自己責任で

しこたま滑った帰り道。昨日の帰り道コースで妻は相当難儀し、下山に一時間近くかかったので、妻はロープウェイで下山。息子と二人でスキーで下山。

息子はけっこう早く滑って来れたので、あまり気を遣わず、どんどん滑る。なんと15分で下山できた。途中、一回だけ、「父ちゃん、ぜんぜん、昨日みたいに休んでくれない!」と愚痴をこぼした。へっへ、父ちゃんにはまだまだ、追いつけないぜ。と、10歳児を相手に悦に入ると共に、ついて来れるようになった成長を嬉しく思うのであった。

レグランモンテススキー場はこぶ斜面があちこちにある。超急斜面から中斜面のこぶコースが用意されており、距離も長い。だから、実力にあわせてこぶの練習がみっちりできる。長い中斜面のこぶコースは、私のようなちょっとだけ上級者の練習にはうってつけ。アプローチルートと戦略を考えながらコブをこなして下りて行ける。こういうスキー場で練習したら、上達は早かっただろうな。景色も美しい上に、コースもバラエティに富み、ここは、一番のお気に入りになった。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

短所を直すか長所に頼るか   前編

スキーのはなしである。今シーズンはすでに十数日すべったが殆どがグラウスのカットという初級者用のゲレンデですべっている。上級者用の斜面をすべれといわれたら滑れないことはないのだが緊張するだけで楽しくないからまず近寄らない。中級者用ゲレンデが一番あっている...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドクトル硝子さま

Up有難う御座います今回も素晴らしいですね。
「波打つ氷河」これ、凄いですね。
こういう所に行けば、スキーが出来る事、神様にお礼を言いたいですよね。いいな~~。

私は蔵王に行き、頂上から怖くて降りれなくて、樹氷を見に来ていた観光客と、ゴンドラで降りて来ました。(^_^;) 

行きたいな~~、でもスキーが出来なくては、意味ないですものね。

連れ合いは、私と結婚した時に私が興味が無い、と言った為、スキー板を捨ててしまいました。可哀想な事をしました。何でも嫌わずに、やってみるものですね。一回の骨折で止める、とは本当に根性なかったと思います。(涙)

でも、目だけでも楽しませて頂き、有難う御座いました。

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 私は蔵王に行き、頂上から怖くて降りれなくて、樹氷を見に来ていた観光客と、ゴンドラで降りて来ました。(^_^;) 

蔵王の樹氷もぜひ1度、見たい物です。あの光景は本州の水の多い粘る雪でなければできないと思うのです。滑るには思い雪は勘弁ですが、見てみたいです。

> 連れ合いは、私と結婚した時に私が興味が無い、と言った為、スキー板を捨ててしまいました。可哀想な事をしました。何でも嫌わずに、やってみるものですね。一回の骨折で止める、とは本当に根性なかったと思います。(涙)

骨折したらやめたくなりますよね。私は小五の頃にひどいねん挫で1ヶ月ギブスだったことがあります。恐い物知らずの小さいころの怪我だったので、続けられたのだと思います。

刺激的な

いやあ、すごいとこで滑っていますね。

昨シーズンはウィスラーのブルー(中級)でも所により腰がひけていたので今シーズンは近場のグラウスのグリーン(初級)で基礎からやり直しをしています。

もともと上級者ではないうえ加齢からくると思われるスタミナ枯渇というふたつのハンディにめげそうになりますが、この刺激的な景色をみて、奮いたちました。シーズン終わりまでにはウィスラーで滑るスタミナを取り戻す!!

Re: 刺激的な

> いやあ、すごいとこで滑っていますね。

アルプスは景色が素晴らしく、スキーのやる気をとりもどしました。ウィスラーも美しいのでしょうね。

> もともと上級者ではないうえ加齢からくると思われるスタミナ枯渇というふたつのハンディにめげそうになりますが、この刺激的な景色をみて、奮いたちました。シーズン終わりまでにはウィスラーで滑るスタミナを取り戻す!!

素晴らしい! 私は細く長ーく楽しむスキーも良いものだなーとこのごろ感じています。

No title

とても素晴らしい絶景でのスキー!なんと羨ましいことか!板はレンタルですかね?ロシニョールかと思いきやフィッシャーなんですね。氷河スキーは一度、体験してみたいところですが、あちこっち、ブッシュや岩がありそうで、自分の板だと傷がつきそうで恐いですね。それでも、滑りたい!キロロで我慢します。

Re: No title

> とても素晴らしい絶景でのスキー!なんと羨ましいことか!板はレンタルですかね?

板はレンタルです。氷河コースは氷河の横にあるコースです。上を滑る訳では有りません。氷河自体は滑っても、そんなに面白くないように思います。Kiroroもいいじゃないですか。北海道も美しいですよ。
プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。