スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャモニーの街

1月2日はシャモニーをたって、ストックホルムに戻る日。バスは午後に出発なので、ゆっくり市内観光とショッピングにあてた。

ホテルのすぐ横にあるシャモニーの教会、サンミッシェル教会。大天使、聖ミッシェルを御まつりする教会。
サンミッシェル教会

ここの入り口に飾られているステンドグラスがかわいい。いかにもスキーと登山の村、シャモニーにふさわしいステンドグラス。

スキー客の無事を祈る。
入り口ステンドグラス

登山の安全祈願。聖ミッシェルが頂上で悪魔を踏みつけるおなじみの構図。
ステンドグラス2

かわいい、キリスト生誕時のミニチュア。なんていったっけ?時々パリさん?
キリスト生誕のミニチュア

モンブランと聖ミッシェル。
サンミッシェル像1

祭壇。真ん中に聖ミッシェル像がまつられている。
祭壇
サンミッシェル像の祭壇

ここで初詣。聖ミッシェル様にお祈りをした。キリスト教徒でもないのに、たくさんお願いをした。きっと、目くじら立てられないことだろう。

それから街の散歩。

映画撮影をしている光景がホテルの目の前にあった。ここは映画館。
映画館

街の広場の時計
街の時計

アルペン博物館。
アルペン博物館

シャモニー駅前のお店
シャモニー駅前通り

正月のお昼は和食と決めていた。日本酒とそばをたべた。息子は父に逆らいうどんを注文。そしたらうどんの方がそばの倍くらい麺が多かった。くやしぃ~~。ちょっと、そばは少な過ぎ。うどんがお得。久しぶりの日本酒も頂いたが、思ったほど感激しなかった。舌がかわっちゃったかな?
和食レストラン

シャモニー橋
橋

メインストリートにあるパティシエ。ケーキとコーヒーをいただいた。おいしかった。だが、ここにはケーキのモンブランはなかったのだ。
おかしやさん

街の絵
街の壁絵

こんな観光馬車のってみたいでしょ?いつも値段で尻込みしてしまうのだ。歩けるうちは歩くのだ。年とったら、のってみるかな。
馬車

このパティシエに念願のモンブランがあった。
モンブランのお菓子屋さん

このお店のモンブラン。丸い形の生クリームの上にマロンクリームがのっている。洋酒も入っているようで、濃厚でコクのある大人の味。
モンブラン1

中も凝っている。マロンクリームと生クリーム、洋酒の間にオレンジゼリーが入っている。この酸味が濃厚なクリームに鈍りがちな舌の味覚を蘇らせてくれる。そして、下にある白い部分はメレンゲでできている。このメレンゲカップの中にまでクリームが詰め込まれてる。そして、そのメレンゲが、台紙にホワイトチョコで固定されている。最後の仕上げはホワイトチョコで締めることになるのだ。こんな手が込んだモンブランにすっかり満足!
モンブラン2


肉屋さん、兼酒屋さんで地元のビールとスイスワインを購入しかけたのだが、飛行機持ち込みの面倒をかんがえ、あきらめた。空港内で買えると期待したのだが、地物は空港においてなかった。液体の機内持ち込み制限のせいで、こうして地元の酒を購入するのをあきらめることがほとんどになった。全く、迷惑なはなしである。

夜の12時に帰宅。さぁ、明日、一日休んだら、北緯70度、北ノルウェーのトロムソへ飛ぶのだ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほにゃらら王国滞在と違って、素敵な冬休みを過ごされたんですね!
「御子の降誕」のミニテュアは『クレッシュCRECHE』と言いますよ。
しかし、地方都市で「和食」なんて勇気が有りますねえ(^-^)
観光馬車は、外人(アジア人)が乗ったりしてると、こっちが観光の対象見たいな感じになるので、ちょっと。。。

Re: No title

> ほにゃらら王国滞在と違って、素敵な冬休みを過ごされたんですね!

友人達と会っている時は日本はいいなーと思いました。新聞、テレビを見ていると「日本」という言葉を使いたくなくなります。

> 「御子の降誕」のミニテュアは『クレッシュCRECHE』と言いますよ。

そうでした、そうでした。あの記事は素晴らしかったですね。永久保存版ですね。

> しかし、地方都市で「和食」なんて勇気が有りますねえ(^-^)

やっぱり、正月はおとそがなくては。ご飯、おいしかったですよ。

> 観光馬車は、外人(アジア人)が乗ったりしてると、こっちが観光の対象見たいな感じになるので、ちょっと。。。
確かに、確かに。
プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。