スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ、若いものには負けん! 男子カーリング世界選手権、ジェフストウトン15年ぶりの優勝

先週、カナダはレジーナで男子カーリング世界選手権が行なわれた。一昨年はイタリア、コルチナダンペッツォに日本代表、常呂の敦賀君チームを応援に行ったのだが、今年はパシフィック選手権で全くふるわず、予選落ち。日本代表がいない、少し寂しい世界選手権ではあった。それしても、あの韓国チームにすら勝てなくなってしまったのか、日本男子カーリング。寂しいなぁ。

TV観戦で、目を疑う選手が出ていて驚いた。なんと、カナダのチームはJeff Stoughtonジェフストウトンじゃないか!? ジェフはカーリング歴37年の大ベテラン。1996年に世界選手権を制している。その後もカナダ代表を3度勝つなど、華々しいタイトルホルダーではあるのだが、パワーカーリングが台頭してきたカナダで、細身の彼が代表を勝ち取ってきたことに驚いた。

あいかわらず、地をはうような美しいタックスタイルのクラシカル投法。
ストウトン


もともと、トリプルテイクはできるパワーはあるのだが、オリンピックの金に輝いたケビンマーチンやラスハワードのチームに比べて、馬鹿じからのあるチームではない。

今回の選手権でも以前とさほど作戦もかわらず、伝統的な作戦でパワーに頼るニューウエイブをきりきり舞いさせる試合展開はまさにいぶし銀で、あらためて、カーリングの奥深さを見た思いだ。

ともかく正確なドロー系ショットとオーソドックスな作戦が光った。若いチームのたった一投のミスショットを逃さない。ケビンマーチンがパワーカーリングの時代を切り開き、流行させているのに抗して、ジェフは正確なドロー系ショットと沈着冷静な試合運びが持ち味と言えるか。柔よく剛を制すカーリングでパワーカーリング全盛のカナダ予選を勝ち抜いてきたと思うと、感激すらしてしまう。

決勝はスコットランドの若手チームと対戦。はでな展開は少ないが、相手が一つミスをすれば着実に点につなげ、1点ずつ積み重ねて、じりじりと引き離す。8エンドまで点差が開かないタイトな試合をしていたのだが、ついに9エンドでスコットランドのスキップに大きなミスが出てしまい、根負け。こういう大舞台では経験がものをいうのだなぁ。

15年ぶり、47歳で2度目の世界チャンピオン、おめでとう!多いに励みになります!

さて、我がスウェーデン、チームエディンはやってくれました。予選を同率3位抜けし、惜しくも決勝進出を逃すもOS2位だったノルウェーのUlsrudウルスルを破り、ブロンズメダル獲得!
Edin

ジュニア世界チャンピオン、ヨーロッパチャンピオン、OS4位、そして、世界選手権3位と着実に実績を積み重ねてきました。ソチ五輪がとても楽しみなチームです。

ちなみに、今年の男子ジュニア世界選手権をスウェーデンが制しました。女子に比べて、やや見劣りしていたスウェーデン男子ですが、若手が力をつけてきました。日本も何とか巻き返して欲しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

詳細な観戦記ありがとうございます。「正確なドロー系ショットとオーソドックスな作戦が光った」という点に今後の日本男子の目指すカーリングの方向性が見えてくるような気がします。

Re: No title

> 詳細な観戦記ありがとうございます。「正確なドロー系ショットとオーソドックスな作戦が光った」という点に今後の日本男子の目指すカーリングの方向性が見えてくるような気がします。

ジェフもパワーカーリングには苦しめられ、もう復活はないかな、と思ってました。この数年はチームマーチンはじめ、パワーチームに大差で負けることが多かったので。しかし、パワー系の落とし穴はやっぱりあって、ノリノリの時は大差で勝てるが、わずかな狂いが大きなミスにつながり、いったんリードされるともろい面があるんですよね。先行逃げ切りがパワーカーリングと言えるかもしれません。たいして、クラシカルな作戦は追い込み型。辛抱型といえるかもしれません。ジェフやノルウェーのカーリングがこれですね。しかし、ドロー系ショットを正確に決め続けるのも大変ですよ。寸分の狂いもないガードを決め続けられるには大変な経験とチームワークが必要ですから。それでも、彼らはトリプルはできる力があります。日本は全てが足りないですね。私達は長期育成計画を立てないといけませんね。
プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。