スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の妖精が眠る村

このごろ10年先の日本がどうなっているのか、考えるだけで嫌になる。残念な展望しか見えないからだ。

私はこれまでアメリカでもヨーロッパでも中国、韓国から着の身着のままで、より良い暮らしを求めて、生き延びるためだけに移民してきた人々にであってきた。当然、手に職がなければ移住先でも社会の底辺で必死に働いても、這い上がるのは大変な事であろうとは想像にかたくない事だった。

でも日本人には他人事だったろうし、そんな国ではないと信じていた日本人は幸せだった。しかし、これからは日本人が彼らのような運命をたどる順番が巡ってくるのだ。自国を捨てざるえない未来が来ない事を切に祈るのだけど、無駄かな。



こんな時は美しい思い出でもたどろう。


2月20日、スイスはローザンヌ近くにある寄宿校を見に行った。

飛行機でストックホルムからジュネーブへ。約2時間。そこから電車に乗り換えてローザンヌへ。

ローザンヌ駅。
ローザンヌ駅構内

ローザンヌ駅正面
ローザンヌ駅

到着したのが日曜日だったのだが、デパートも含めてほとんどの店が閉まっていたので困った。スウェーデン以上に日曜の休日をしっかり休む街だった。こうやって休むのは大事な事だと思う。自分が休みたいなら、お互いの休みの権利も認め、多少の不便も分かち合わなきゃね。

駅裏の地下鉄駅からレマン湖を望む。
ローザンヌ1

ローザンヌ、レマン湖畔。このそばのレストランで夕食をとり、翌日、Monte Rosa寄宿校へ
ローザンヌ2

Monte Rosa寄宿校。小学生高学年から高校生が寮生活をおくり学ぶ。小規模寄宿校。
Monete Rosa

息子はウインタープログラムでもっぱらスキーを楽しんだようだ。どんなもんだか、見学も兼ねて行かせてみたのだけど、スウェーデンのRödaberg skolanの方がずっとよかった。わざわざ行かせる価値を感じなかった。小中学生で親元から離れて、世界各国からの子弟が学んでいるようだが、ストレスもおおいみたい。当然と言えば当然だが。

たった2週間の滞在だったけれど、息子の人生でもっとも多くのいたずら、嫌がらせをうけてきた。教職員はとても親切で優しかったのが救いだったのだけれど、生徒をコントロールできてない印象だな。そりゃそうだよね。長期滞在子弟は世界中から裕福な子弟がきているのだから、いいお客さんだもの。私立寄宿校の限界を見た感じ。

寄宿校へ行かせるなら自我がしっかりしてくる高校生位からが良いのかもね。幻想を抱いていた親にも良い薬になった。息子のRödaberg skolanがいかに素晴らしい学校かというのを再認識したのも良かった。


さて、ローザンヌの近くにTrosnazトロシュナ村がある。ここには未だに日本でも大人気の女優が永久の眠りについている。オードリヘップバーンに会いに行ったのだ。

トロシュナ駅
トロシュナ駅

ここから、女優さんのお墓を目指していくのだけど、どちらに行ったらいいのかわからない。たまたま、通りかかったおばさんに話しかける。ちなみにこの界隈は全く英語はダメ。でもオードリヘップバーンというだけで、同じような日本人が多いらしく、親切に行き方を教えてくれた(笑)。

駅の坂を上がった道路を左にまがり、遠くに見える坂を登っていく。
村方面へ

坂をあがっていくと、辺り一面にワイン畑がひろがる。登りきった所で道がわからなくなったので、バス停にいた初老のご婦人に道を尋ねた。やっぱり英語はだめで、「オードリヘップバーン」の一言だけで道を教えてくれた。
ワイン畑

ご婦人は英語ができないのでフランス語で一生懸命説明してくれる。こちらはフランス語など全然、わからないのだが、身振り手ぶりとスウェーデン語と似た単語を聞き取りつつ、なんとなくカンを駆使して会話をする(笑)。

でも業を煮やしたご婦人が、案内してあげると、バス待ちをやめて道案内をしてくれた。村の中心にある一番大きな建物?の郵便局へ。右手が郵便局。「いい、この交差点を左に行くとオードリの家があります。まっすぐいくとロンドがでてくるから、それをまっすぐ行ってね。そうすると教会があるからね。」と地図を書いて教えてくれた。
 でもロンド、ロンド、ロンドってなんだ?と思いながらきいていたのだが、地図をみてラウンドだとわかった。あ~サークル交差点の事か。。この親切なご婦人のおかげで、何とかオードリが晩年をすごした邸宅とお墓にたどり着くことが出来た。
村の交差点

オードリヘップバーンは引退後、人から逃れるようにこの小さな村ですごしたのは、このような親切な人々に安心を覚えたのかもしれないな。

交差点を左にまがったところ。村の女の子が通り過ぎていった。
私邸への道

晩年をすごした邸宅。現在はオードリ家とは無関係の方のおうち。
終の住処

邸宅を見た後は元の交差点に戻ってからお墓の方へ行った。ラウンド交差点を抜け、お墓の方へ歩いているはずなのだが、見当たらない。ちょっと困っていたら、バスが通りかかり、先ほどのご婦人が窓からわざわざなんか叫んで指を指して教えてくれた。こちらが気恥ずかしくなるほど親切だ。ありがとう、おばあちゃん。

指先の方を見ると、小さい丘の上に本当に小さい墓苑があった。小さすぎて気づかなかったのだ。
お墓

墓苑から見下ろした村の光景。夏は菜の花がいっぱいにひろがるらしい。この日は冬なので寂しい光景だが。
お墓から

オードリの眠るお墓。今も、ファンが訪れる。この日もお墓の上にファンレターがおかれていた。それには「今もあなたは最高の女優です」とかいてあった。
オードリーのお墓
オードリーのお墓

生きておれば母よりも高齢の80歳のおばあちゃん。なのに映画では今も色あせないかわいらしさ。特に昼下がりの情事Love in the afternoonでオードリが演じたアリアーヌが好き。うちのかぁちゃんにちょっと似ているから。もちろん、性格が、ですよ。

もう一つはオードリのミュージカルFunny faceも楽しい。特に主役の3人が歌う「ボンジュール、パリ」のシーンが好き。パリに行くと浮かれてしまう気持ちがよく歌われている。

映画や芸術は美しい物を永久に伝え、楽しませてくれる。

でも、美しい日本、正直で礼儀正しく、思いやりある親切な日本人が映画でしか見れなくなる時が来るとしたら、いやだなぁ。 

大好きな夏がきたぞー! それ、遊べや遊べ!

ストックホルムに夏がきたぞー!つまらない気分を吹っ飛ばすスウェーデンの夏にぴったりの一曲はこれでしょう。聞きながらアルバムをどうぞ。

Sven Ingvars - Sommar Och Sol Är Det Bästa Jag Vet
スベンイングバル 夏と太陽が最高さ!




5月26日、息子のクラス担任がキャンプを企画してくれました。電車の駅。
tunagard

義理の両親の私邸にご招待。
クリス邸

それ、男子と女子でテント張り競争だ。
キャンプ1

水はとっても冷たいのに飛び込む子ども達。「さむーい。見ろよ、鳥肌たってるよ。」「俺なんか、感覚ねーぞ」なんて大はしゃぎな子ども達。すごいエネルギー。
キャンプ2

企画してくれたクリス先生ありがとう。私はバーベキュー係をがんばりました。
キャンプ3

5月29日。Stockholm ミニマラソンがありました。子ども達、一生懸命走りました。子どものがんばる姿は大人を元気にします。
ミニマラソン

Sveavägenと図書館
Stadsbiblioteket

Norrmaltorg
norrmaltorg

北欧博物館
テクにしか裏

Aborreアボッレと呼ばれるスズキの一種が釣れました。
Aborre


今年もNacka StrandでStrömingバルト海イワシつり。フライがめちゃうま!
Nackaつり2
Nackaつり


Sven Ingvars - Sommar Och Sol Är Det Bästa Jag Vet


Sommar, sommar och sol,         夏、夏と太陽
ソンマル、ソンマル オ ソール
havet och vinden och doft av kaprifol.   海と風、カプリフォル(西洋かずら)の香り
ハーベット ビンデン オ ドフタ カプリフォル
Sommar, sommar och sol,         夏、夏と太陽
ソンマル、ソンマル オ ソール
en himmel så blå som viol.  スミレのような青い空
エン ヒンメ ソ ブロー ソ フィオール

När livet blir för tråkigt eller dagen blir för grå とても嫌なことがあったり、つまらない日に
då tar jag till ett eget litet knep,   ちょっとおまじないをかけるんだ。
en fånig liten ramsa som jag hittat på 僕のほんのちょっとの呪文
som handlar om det bästa jag vet.  それは僕の大好きなもの

Sommar, sommar och sol,       夏、夏と太陽
havet och vinden och doft av kaprifol. 海と風、カプリフォル(西洋かずら)の香り
Sommar, sommar och sol,       夏、夏と太陽
en himmel så blå som viol. スミレのような青い空

ライラック

På morron när jag vaknar och drar upp min rullgardin 朝、起きてカーテンをあけたら
så kanske regnet bara öser ner.      どしゃ降りのようなとき、
Då blundar jag och nynnar på en melodi  まぶたを閉じて歌うんだ
som handlar om det bästa jag vet.        それは僕の大好きな歌

Sommar, sommar och sol,         夏、夏と太陽
havet och vinden och doft av kaprifol.   海と風、カプリフォル(西洋かずら)の香り
Sommar, sommar och sol,         夏、夏と太陽
en himmel så blå som viol.  スミレのような青い空

När vintermörkret sänker sig så dystert på vår jord 
くらい冬が僕らをうんざりさせる時
då har jag som en magisk hemlighet,    魔法の呪文をとなえるんだ
en fånig liten ramsa med sånna ord;  ほんのちょっとのまほうのことば
som handlar om det bästa jag vet.     それは僕の大好きなもの

Sommar, sommar och sol,        夏、夏と太陽
havet och vinden och doft av kaprifol.  海と風、カプリフォル(西洋かずら)の香り
Sommar, sommar och sol,        夏、夏と太陽
en himmel så blå som viol. スミレのような青い空

6月5日昨日、とっても天気が良いので群島の一つ、Nåtaröノータル島へ釣りに行きました。
孤島

Nåttaröの船着き場に立つ看板
nåttarö5

さざなみと鳥のさえずり、風の音しか聞こえない静寂。
nåttarö6

nåttarö1

nåttarö2

タンポポの綿毛
nåttarö3

nåttarö4

nåttarö7


大好きなストックホルムの夏がきました。でも今年はいまひとつ気分が晴れません。夏と太陽、風と海と大地が汚れては私は生きていけない。子ども達を守らない国に未来はありません。

日本政府や”大人”は何を考えているのでしょうか。。。日本国が苔のむすまでとわに栄えることを考えた政治をしているのでしょうか?それをせずに国旗と国歌にのみ敬意を払うよう強制するのはまさに欺瞞、偽善だと私は思います。

黒澤明の夢が正夢になろうとは。。。

震災から原発事故の顛末を見るにつけ、祖国指導者層の腐り具合、壊れ具合を見せつけられ、深く鬱々とした気分になっています。祖国がこれほどまでにダメになっているという現実を受容しなければならないのはつくづくつらい事です。

ブログを書く気がおきないでいたところに、ブログ「木霊の宿る町」に紹介されていた映画に驚きました。それで私の気持ちを代弁させます。

黒澤明監督の「夢」という映画が1990年、21年前に公開されました。黒沢明が見た8つの夢を映画化したものです。その当時、私が見たとしても意味をよく解らなかったものがあったと思います。今なら、どれもこれも大変、よくわかります。日本の病巣をこれほど深くえぐり出し、心配していたのだと思いました。

その中から、原発事故の顛末を予言した「赤富士」を貼付けます。被災地のまっただ中におられる方には視聴をお勧めしません。原発事故が現実となった中、あまりに刺激が強過ぎます。むしろ、被災地から離れた人々に見ていただきたいと願います。他人事にしてはいけないのです。私の気持ちは劇中のお母さんの気持ちと同じです。

前後に数秒、原作に無関係のアニメがありますが、飛ばして下さい。


警告を意図した映画とは異なり、現在進行形のフクシマは子ども達を、人々を救い出すことができます。政府、権力筋、地方自治体、教育機関は思い改めて住民を避難、地域除染を行ない、厳格に食品の安全を守って欲しいと思います。そのまま被爆させっ放しは人道に反する大犯罪だと思います。

これで、もし、被爆者に癌その他の疾患が多発する数年後に国民偕保険が大きく毀損されていたとしたら、それこそ悪夢です。このままの政府方針だと社会福祉抑制、医療自由化、混合診療解禁にも邁進してくるでしょうから、その点でも非常に心配です。

トロムソ旅行記(終)

ストックホルムはすっかり夏がおとずれ、大好きなライラックが咲き始め、街中春のかおりがあふれている中、1月の話を書いてしまう筆の遅さ。

1月7日、トロムソからストックホルムへ帰国した。朝5時半に起きて,車で1時間半をかけて慎重に冬道を運転。トロムソ空港へついた。

Norwegian airから見た空港 バイバーイ。恐らく永遠の別れ。   かな?
トロムソ空港

ソンマロイ側の島をつなぐ橋が見えた。きのうわたった橋だ。
トロムソと外側を結ぶ橋

飛び立つと、すぐにソンマロイ側の島がみえてきた。
ソンマロイ側の島

あのフィヨルドの向こう側の道路を一昨日は爆走したのだった。トナカイと出会った道路。
バクそうした島

北ノルウェーの海岸線は氷河に削り取られた奇妙な形をした島々が浮かび美しい。
氷河に削られた島々

オスロ近くになるとベルゲンとの間に連なるアルプスが見えてきた。神々しい。
ノルウェーアルプス連峰

ノルウェーのやまやま

長く走るフィヨルドの形がよくわかる。この大地が氷河期には全て分厚い氷に覆われていたと思うとなんとも不思議な感じだ。自然と長い時間のダイナミズムを感じる。
フィヨルド

北緯70度のトロムソのフィヨルドが凍っていないのにオスロ近郊のフィヨルドに氷が張っている不思議。メキシコ湾暖流が入って来れないからなのだろうな。くわえて、フィヨルド奥は真水化しているのもあるかもしれないが。
フィヨルド

これで、12月26日からシャモニー → トロムソの旅はおしまい。 ちょっと強行軍だったな。

北ノルウェーは本当に美しい。こんどくる時は春から夏がいいなあ。オヒョウやタラもつってみたい。春スキーで海に向かって滑り降りるのも楽しいだろうな。タラの肝の食べ方を教えてくれた魚屋の青年とまた会うことはあるだろうか。

Eurovision Song Contest 2011, Grattis! Sverige 3dje plats

昨夜、ヨーロッパ歌合戦決勝戦、Eurovision song contest 2011がありました。ヨーロッパ各国から25の代表に絞り込まれ、ヨーロッパ中の視聴者による投票で順位が決まります。

毎年、優勝者はあっと驚く意外な国、意外な曲が選ばれることが多く、予想は非常に難しい。

今年はなんとアゼルバイジャンが優勝! 2位がイタリア、3位が僅差でイタリアに抜かれたスウェーデンでした。スウェーデン代表はEric Saade21歳のポップアイドル。やってくれました、2000年代でスウェーデン代表の最高位をゲット!

正直、3位になるとは期待していなかったのですが、ヨーロッパ人のハートに訴えるものは私とはけっこう違うようです。アゼルバイジャンも優勝するほどとは感じませんでした。

私のツボにはまったのはこれっ。 モルドバのSo lucky!もう爆笑。So Energetic! 敢闘賞あげちゃいます。


そーラッキー、ゼアリズミスッテリ!あははもう最高。すっごいパフォーマンス。すっごい馬鹿のり。とちゅう沖縄のおどりを思い出させる明るいのり。笑い転げて涙がでた。

さて、上位3位のパフォーマンスをどうぞ。

1位 アゼルバイジャン


2位 イターリア


3位 スウェーデン! Braaaaaaa Eric!!


ふ~ん、こうやって後から見ると、けっこういいパフォーマンスじゃん,スウェーデン。イタリア語で2位は立派。私はこの3曲の中ではイタリアが一番好み。

ちなみに私のトップスリーは1位ボスニアヘルツェゴビナ(実順位6位)、2位スペイン(23)、3位アイスランド(20)

ボスニアヘルツェゴビナ。

渋いでしょー。こういう曲がコンテストに花をそえるんだよね。

スペイン

スペインの23位は信じられない。とっても洗練されて明るくておしゃれなダンスミュージック。スペインの地中海の楽園を想い出させてとっても素敵な一曲。夏の海岸にぴったり。

アイスランド

30年前の郷愁を誘うバンドですが、しっかりした実力派だと思います。なにより、詩がとってもいい。家に帰りたくなりました。いえにかえりたいよ~~~って気にさせられます。

ちなみにこの素晴らしい曲を作詞,作曲したのはSjonni Brinkというアイスランドを代表するシンガーソングライター。今回のアイスランド予選直前に37歳の若さで妻と4人の子どもを残し、脳卒中で夭逝してしまいます。彼の友達が急きょバンドを結成し、同じ曲で志をひきつぎ、ドイツで見事に歌い上げました。このエピソードを知らなかった私達家族の気持ちに届く良い曲だったと思います。

最後に子ども達のアイドル大賞はアイルランドの双子ちゃん、Jedward! ティーンに大人気。

WOoooaA!!

ついでに昨年、紹介し忘れちゃったんだけど、セルビアのパフォーマンス面白かったんだよね。なんせ、シンガーが和田アキ子そっくりで。ゴットネェちゃんとMilan Stankovićコラボしてくれないかな。

続きを読む

プロフィール

ドクトル硝子

Author:ドクトル硝子
2007年よりスウェーデンで働いています。趣味はカーリングとウインドサーフィン、そして旅。のんびり、まっすぐ、仲良く生きるのが好きです。Lagomとはスウェーデン語で”程よい加減””中庸”な感じ。程よい生き方ってなんでしょう?
Välkommen hos Doktor Glass blog. Jag är japansk som jobbar i Sverige. Jag skulle kunna skriva om japansk ämne på svenska. Jag letar efter ett lagom liv. Jag gillar mycket om glass (o^。^o).

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。